« 前へ | メインページ | 次へ »

山彦の滝・オホーツク西部、「丸瀬布森林公園いこいの森」のそば★マイナスイオン&フィトンチッドたっぷりの森

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のMOMOです。
読者sekiさんからいただいた、オホーツクの景観情報をご紹介します。

遠軽町丸瀬布「いこいの森」からさらに山奥へ行くと、「山彦の滝」があります。うっそうとした森の中に流れ落ちていて、落差もあります。ジブリアニメ「もののけ姫」の舞台のモデルは屋久島ですが、これに登場する「木霊(こだま)」がひょっこり出てきそうな場所ですよ。北海道だから、コロポックルかな?
「山彦の滝」
(クリックすると画像が拡大します)

遠軽町丸瀬布「丸瀬布森林公園いこいの森」からさらに南下し、北見市留辺蘂(るべしべ)方面へ車で行くと、5kmほど先に「山彦の滝」駐車場があります。そこに車をとめて200mほど山道を歩けば、滝に出ます。山道ですが距離は短く、足場も悪くありません。通常の運動靴で十分子連れでも大丈夫

マイナスイオンフィトンチッドもたっぷり浴びられる、清涼な滝です。

冬期間は、「山彦の滝」駐車場の2km手前から通行止めになりますが、ゲート前で車を降りて、スノーシュー(カンジキ)で歩いて行くことも出来ます。厳冬期には、滝が1本の柱となって氷結した、北海道の自然ならではの造形美を見ることができます。ただし、準備・情報収集はしっかり行い、スノーシュー初心者だけでの行動はやめましょう。

「山彦の滝」からさらに500m奥へ歩くと「鹿鳴の滝」(ろくめいの滝)にも行けます。エゾシカが水を飲みに来ることから付けられた名前だとか。

この周辺は、「丸瀬布森林公園いこいの森」にキャンプ場温泉のあることで、人気の観光スポットですが、その奥に滝があることまではあまり知られていません。「山彦の滝」駐車場までは、森や牧場渓流の風景が良く、まさに穴場。北海道・道東へドライブ旅行に行くなら、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

「丸瀬布森林公園いこいの森」が混雑している時は、「遠軽町丸瀬布武利~大平高原にある一本の木~~」でご紹介した大平高原を通っていくといいでしょう。

北見・網走方面旭川方面へ足を延ばすなら、「山彦の滝」までの道路をそのまま南下して国道39号線に出るのがおすすめです。大雪山系の森の中を、整備された走りやすい道が渓流に沿って通り、緑の季節もいいけれど、紅葉時期の眺めは特に素晴らしいですよ!

この景観の感想・コメントをお待ちしております。

このキャンペーンでは一年を通して自由なテーマでの募集に加え、月替わりでテーマをピックアップしての募集も実施(8月のテーマは「水」)!すぐれた投稿には賞を贈呈するほか、投稿者の中から毎月抽選でオホーツク地域の特産品をプレゼントします。

応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集~オホーツクの特産品プレゼント~」をご覧ください。また、トラックバック投稿の受付も開始しました。たくさんの応募をお待ちしております。

この景観に出会いたい人へ地図はこちら「Google map(グーグルマップ)」へ

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.