« 前へ | メインページ | 次へ »

遠軽町丸瀬布武利「大平高原にある一本の木」

こんにちは。オホーツク景観発掘ブログ事務局のYOKOです。
読者なりちゅうさんからいただいたオホーツクの景観をご紹介します。

遠軽町丸瀬布武利大平高原にある一本の木です。

大草原の中にある一本の木に、子どもたちも、おもわず駆け寄りたくなるような景色です。

ホテルマウレ山荘から、車で少しのところにあるので、「いこいの森」でキャンプをする予定の方は、是非、足を延ばしてみてください。

夕方の景色もなかなかです!?

大平高原にある一本の木

読者なりちゅうさんのネーミング「○○○○」
(クリックすると画像が拡大します)

ネーミング:募集中

広い草原の中に、主のようにそびえ立つ一本の木。駆け寄りたくなる気持ちがよくわかります。

遠軽町丸瀬布の静かな森の中にあり、温泉付きコテージも完備した森林リゾートホテル「マウレ山荘」のそばだそう。週末ゆっくりと過ごすホテルとして、地元の人や観光客に道東のオホーツク地域でも人気のホテル。近くには廃校を利用し、美しい絵画が展示されている施設「マウレ・メモリアル・ミュージアム」もあります。

また、丸瀬布市街からこの写真の場所へ向かう途中にある「丸瀬布森林公園いこいの森」は、森林鉄道SL雨宮21号が敷地内を走り、蝶、カブトムシ、クワガタなど、生きた昆虫の生態が観察できる「昆虫生態館」も併設。北海道のキャンプ場としても人気の場所です。

夏の北海道への子連れ旅行でキャンプをするなら、遊具もそろっていて、子どもたちが大喜びすること間違いなしです。

お盆時期にはこれらの施設へ行く人で、丸瀬布市街からの道が渋滞するほど。しかし今回投稿いただいた景観、一本の木のある道は裏道にあたり、混雑する道路を避けて「いこいの森」まで行ける、かつすごくいい景色が楽しめるので大変おすすめ!訪れた際は、一本の木を探して、ぜひドライブもしてみてください。

なお、8月4、5日には、丸瀬布森林公園いこいの森「第25回まるせっぷ観光まつり」が開催されます。観覧申込みは終了していますが、NHKおかあさんといっしょの「ぐーチョコランタン小劇場」も行われます。

一本の木といえば、『端野温泉「のんたの湯」付近の田園風景に立つ一本の木』もありましたね。

この場所、読者なりちゅうさんからはネーミングいただいていません。どなたか名前を付けてくださいませんか?

この景観の感想・ネーミングを募集します。コメントをお寄せください。

このキャンペーンでは一年を通して自由なテーマでの募集に加え、月替わりでテーマをピックアップしての募集も実施(8月のテーマは「水」)!すぐれた投稿には賞を贈呈するほか、投稿者の中から毎月抽選でオホーツク地域の特産品をプレゼントします。

応募方法は、「オホーツクの隠れた景観大募集~オホーツクの特産品プレゼント~」をご覧ください。また、トラックバック投稿の受付も開始しました。たくさんの応募をお待ちしております。

この景観に出会いたい人へ地図はこちら「Google map(グーグルマップ)」へ

コメント

なりちゅうさん、YOKOさん、こんにちは。

いこいの森の昆虫館は見応えありますよねぇ。SLも走っているし、近くの武利川ではニジマスも釣れるし、大人も子どもも楽しめる場所です。

地図で見ると、この気は「大平原牧場」という牧場に立っているようですね。「大平原の小さな木」なんてどうでしょう。現物見ていないので木の大きさがわかりませんが・・・そういえば昔「大平原の小さな家」なんてドラマがありましたね。

オホーツク景観発掘ブログ事務局:

オホーツク景観発掘ブログ事務局YOKOです。
ウーリーさんコメント&ネーミングありがとうございました。

いこいの森の昆虫館は昆虫大好きの子どもたちにとって、とても魅力的な場所になるでしょうね。また、ウーリーさんならではの、近くの武利川の釣り情報もありがとうございました!

ウーリーさんにつけていただいた「大平原の小さな木」という名前、いいですね。私自身もこの木を実際に見たことはありません。写真では広い草原に中にあるので、どの程度の大きさかまでわかりませんね。近くに行くととっても大きな木だったりして…。私も足を運んでこの目で確かめてきたいと思います。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

このブログについて

リンク

Movable Typeロゴ RSSロゴ

QRコード
オホーツク発掘ブログ for Mobile

Copyright (C) 2010 - 2018 NPO法人元気プロジェクト All Rights Reserved.